法律関連業務の業種と仕事内容について


top
弁護士、行政書士、司法書士、一般的にはなんとなく似たようなイメージの仕事ですが、それぞれに扱う案件や役割が違います。

■司法書士について
まず司法書士ですが、仕事は不動産登記と商業登記が主な仕事となります。不動産登記は建物や土地の所在や面積、土地の所有者や担保権などの情報を、登記簿に記載し登録することです。

商業登記は株式会社などの会社の所在地や役員などの人数、資本金などの情報を登記簿に記載し公表することです。このような手続きは一般の人には知識が無いためまず不可能なため、司法書士のような専門職へお願いして登録業務を代行してもらうのが一般的です。他にも、司法書士は最近増えている過払い金請求などの簡易裁判の代行を行うこともあります。ただし、弁護士と違い、140万円を超える案件は取り扱いが出来ません。

■行政書士について
行政書士の仕事は主に役所や都道府県庁に届ける書類作成となります。企業などに頼まれた書類などを作成し、それを官公庁へ提出するのが仕事となります。行政に対して提出する書類は、専門知識が無いと作成が出来ませんから、そういった意味でも行政処理はジ行政事務のプロと言えます。仕事内容を簡単に言えば事務処理職とゆうことになります。

■弁護士について
弁護士に関しては仕事内容は司法書士と重なる部分が多く、依頼者に代わって交渉をしたり、話し合いの仲裁を行ったりするのが弁護士の仕事です。
ただ、弁護士にしか出来ない部分があり、それは裁判所で依頼者に代わって裁判を行うことです。司法書士でも簡易裁判は行えますが、出来る範囲が決められているため、基本的には裁判を行えるのは弁護士だけとゆうことになります。離婚調停や過払い金などの返還請求の裁判、消費者問題や労働問題に関することなど、司法に関する案件は全て弁護士が扱うことが出来ます。いわば、一般市民の代弁者といったところでしょうか。
弁護士は私たち市民が頼ることができる最後の砦ですから、非常に責任が重く重要な仕事だと言えるでしょう。

■PR:法律の相談など
交通事故で弁護士をお探しなら埼玉のはるか法律事務所